« 【映画】・「悪夢探偵」 | トップページ | ・「未来町内会」(1) 野中英次(2007、講談社) »

・「ピューと吹く! ジャガー」(11)〜(12) うすた京介(2006〜2007、集英社)

[amazon]

週刊少年ジャンプ連載。巻末に載っているギャグマンガ。
たぶん11巻の感想は書いてない。理由は、「ギャグマンガの感想は書きにくいから」ということだったと思う。しかしその後思い直した。これは修業だと思うことにしようと。
レビューとしては、「笑い」をテーマにしたジャンルではもっとも方法論が確立されてないのがギャグマンガではないだろうか。だから書く価値があると思ったのであった。
(そんな決意とは裏腹にたいしたことは書かないのであるが)

12巻に関して言うと、さすがにちょっと種切れな感じか……。オチまで途中で放り出したような内容が多いのと、これは私の主観かもしれないが毎回の出来不出来が激しいような気がした。ジョン太夫などの「鉄板キャラ」も活かしきれているとは言いがたいし(あ、でも宇津久島福嗣のエピソードは大爆笑だったけど)。

そんな中、珠玉の名品と思われるのが「ジャガーたちがハマーを商店街のガマン大会に出場させる」話でしょう。いやー笑いすぎてお腹痛かったです。みんな読もう。

それにしても、うすた京介は主人公のジャガーさんやその父親はともかく、キャラ主導で定番のお話を繰り返すことを拒否しているんですかね。よくわかりませんが。

10巻の感想

|

« 【映画】・「悪夢探偵」 | トップページ | ・「未来町内会」(1) 野中英次(2007、講談社) »

ギャグマンガ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/13773503

この記事へのトラックバック一覧です: ・「ピューと吹く! ジャガー」(11)〜(12) うすた京介(2006〜2007、集英社):

« 【映画】・「悪夢探偵」 | トップページ | ・「未来町内会」(1) 野中英次(2007、講談社) »