« 【書籍】・「宇宙人第0の遭遇」 アルバート・K・ベンダー(1995、徳間書店) | トップページ | 【通販】・「ぶっとびマンガ大作戦」Vol.4(復刻版) »

・メモ

以下、最近思ったこと。
でも思ってるだけで、論理的に説明できない。
自分は「私には霊感があるの〜」とかホザいているバカ女(バカ男でもいいけど)のようになってしまったのであろうか。論理的に説明できないっていうのは、自分にとってはそういうことですよ。

・社会のしくみ自体が、ノイローゼを誘発するようにできている。さらに、それをフォローするシステムもノイローゼを誘発するようにできている。

・「○○萌え」などの好みの属性表明は、自分で自分の幸福を逃しているような気がする。

・ネットでマイナスなことを感覚的に書くと不毛でマイナスなレスポンスしかないので、あまり書かない方がいい。

・アンチ「個性尊重教育」というのは、一理はあるけどどこかに小姑的なニュアンスがつきまとうね。実際の教育現場では「個性尊重」を声高に叫ぶPTAの方が小姑なのかもしれないけどさ。「逆説」っていうのはどこかに「負け気分」が潜んでいるもののような気がするしね。

・自分の人生を評論家感覚で評価すると、不幸なだけだなあ。

・ここ10年くらいで、フィクションに登場する仕事のとらえ方がかなり変わってきている。ものすっごい悪い言い方をすれば日本国民一億総サラリーマン化。もうサラリーマン気分がみんな染みついているからフィクションで説明する必要すらない感じ。
いい言い方をすれば、60〜70年代に青春時代を送った世代のウザい理想論が完全に姿を消そうとしているということだろう。さて2007年後はどうなるかな。

・「身の回りのできることからコツコツと」という考え方は確かに正論だが、人間、「最後の最後の最後」の手段としての何か、一発逆転がないと本当に煮詰まったときに困ると思う。
だから優れたゲーム(スポーツも含む)は一発逆転的要素が中に含まれている。あるいは含まれているとプレイヤーに思い込ませようとする。

|

« 【書籍】・「宇宙人第0の遭遇」 アルバート・K・ベンダー(1995、徳間書店) | トップページ | 【通販】・「ぶっとびマンガ大作戦」Vol.4(復刻版) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・メモ:

« 【書籍】・「宇宙人第0の遭遇」 アルバート・K・ベンダー(1995、徳間書店) | トップページ | 【通販】・「ぶっとびマンガ大作戦」Vol.4(復刻版) »