« ・「謎の宇宙人オーパーツ」 監修:並木伸一郎(2006、竹書房) | トップページ | 【書籍】・「原田実の日本霊能史講座」 講師:原田実、聞き手:杉並春男(2006、楽工社) »

【訃報】米澤嘉博氏

訃報 米澤嘉博氏

ショックすぎる……。
あまりにもショック……。

米澤さん、コミケではウチの本を1回だけ買ってくれたことがあった。
私は、コミケの生成過程とかどんどん大きくなっていく過程とか、実はそういうのはアウトラインくらいしか知らない。
しかし、何がどうでもその「代表」である米澤さん、私から見るとニコニコしていて気負いも、あるいはいばったところも少しもないように感じた。そのお会いした一瞬だけのことだけど。
その飄々とした感じが印象的でした。

大げさかもしれないけど、ウチの本なんか買うっていうことは相当なフットワークの軽さも感じたし……。

それと、米澤さんの文筆活動について半端な知識しかなくお恥ずかしいかぎりだが、
たとえばオールタイムベストや年間ベストのセレクトなどが、個人的には好きだった。読むときちんと面白いものを入れていた。

あくまでも、私がときおり断片的に見るマンガ評論の文章においては、何か文筆でムーヴメントを起こそう、という気はたぶんなかったであろうぶん、その文章は手堅かったし、勉強になった。
(「コミックマーケット」そのものが、マンガ・アニメにおいては80年代以降、最大のムーヴメントだからだったのか、それはわからないが。)

たとえば「コミックフラッパー」のマンガレビュー連載において、「戦闘美少女の精神分析」がらみで、
「『戦闘美少女』の歴史があるなら、『戦闘美女』の歴史があるはずだ」と書かれていた。

本当! 本当にそうだと思ったんですよ。

米澤さんのマンガ史観や、レビューの手堅さが評価されるのはこれからだったと思うんですよ。

夏目さんのやっているマンガ表現論がこれだけ脚光を浴びる中で、それが一段落したら必ず、米澤さんのような、面白いマンガを面白いと表現し、書けること、
(それはもう表現の性質上仕方ないとして)センセーショナルに取り上げられてゆくマンガやアニメを評する言説に、地に足のついた評価を一つひとつ加えてゆくこと、

そしてむろん「コミックマーケット」という存在を現出させたということ。

それらが今以上に評価される日が来るはず。
何もかもこれからだったのに……。

ご冥福をお祈りします。

……としか、今は言いようがありません。

|

« ・「謎の宇宙人オーパーツ」 監修:並木伸一郎(2006、竹書房) | トップページ | 【書籍】・「原田実の日本霊能史講座」 講師:原田実、聞き手:杉並春男(2006、楽工社) »

オタク」カテゴリの記事

マンガにまつわる雑記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/12112175

この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】米澤嘉博氏:

« ・「謎の宇宙人オーパーツ」 監修:並木伸一郎(2006、竹書房) | トップページ | 【書籍】・「原田実の日本霊能史講座」 講師:原田実、聞き手:杉並春男(2006、楽工社) »