« 【アニメ】・「人造昆虫カブトボーグ VxV(ビクトリーバイビクトリー)」 | トップページ | 【DVD】・「FUTURO 北欧・謎のUFO住宅を追え」 »

・「ザ・コクピット」(1)アフリカの鉄十字 松本零士(2003、小学館)

Cockpit

第1巻(文庫版)[amazon]

第2巻(文庫版)[amazon]

第二次世界大戦中を舞台に、戦う男たちと彼らの使う兵器たちを主人公にした読みきり連作。
コンビニ売り単行本で、2003年初版のものを増刷、ということになっているが2005年に同じ小学館から出た「戦場コミックシリーズ」とかぶっている作品がある。
「戦場コミックシリーズ」は300円で、600円の本書の約半分の厚さだった。最近のコンビニ売り単行本は、新作を300円代で売るものと、往年の名作を以前の「ワイド版」クラスの分厚さで600円代で売り出すものとの2種類、ある気がする。

内容について。ほとんどが70年代半ばの作品。松本零士の戦場マンガを今まで読んだことがないわけではなかったが、どうもこの人のSFものと違って入り込めない。
もちろん、ミリヲタならぬ身には舞台となっている戦場や登場する兵器などにはほとんどなじみがないので入り込めないということはある。しかし、それを前提とした上でも理解しがたいところがある。

正直、何で戦場で男たちがみずから進んで命を落とすのかが、個人的によくわからないんである。
これがSF的設定だったらまだしもわからないではないが、現実の、しかも70年代当時は生々しさもあった第二次世界大戦が舞台だと、「これでいいのかなあ?」と思ってしまうのだった。

まあ、松本零士がどんなものにでも「ロマン」を求めたというのはわかるんだけどね。
そういう意味では松本ワールドにおける第二次大戦とは、古代ローマの戦いとかそういうものと変わりがなかったのだろう。

(収録作品)
・アフリカの鉄十字
・成層圏になくセミ
・幽霊軍団
・パイロットハンター
・鉄の墓標
・独立重機関銃隊
・成層圏戦闘機
・グリーン・スナイパー
・スタンレーの魔女
・メコンの落日
・零距離射撃88
・音速雷撃隊
・鉄の竜騎兵
・戦場交響曲
・ゼロ

|

« 【アニメ】・「人造昆虫カブトボーグ VxV(ビクトリーバイビクトリー)」 | トップページ | 【DVD】・「FUTURO 北欧・謎のUFO住宅を追え」 »

マンガ単行本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/12312093

この記事へのトラックバック一覧です: ・「ザ・コクピット」(1)アフリカの鉄十字 松本零士(2003、小学館):

» ambien insomnia [Helen Mitchell]
1981 [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 06時42分

« 【アニメ】・「人造昆虫カブトボーグ VxV(ビクトリーバイビクトリー)」 | トップページ | 【DVD】・「FUTURO 北欧・謎のUFO住宅を追え」 »