« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

【映画】・「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」

公式ページ
監督:諸田敏、脚本:會川昇

えーと、なんか強い敵が襲ってくると同時に主人公のオヤジが登場。オヤジさんは、トレジャー・ハンターの主人公に対し「人間は愚かだから、人間のつくったものなど取るに足りない」と言いきる伝説のUMAハンターだった。
親子でケンカしながら敵と戦う。

(以下、ネタバレあり)

続きを読む "【映画】・「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】・「仮面ライダーカブト劇場版 GOD SPEED LOVE」

公式ページ
監督:石田秀範、脚本:米村正二

パラレルワールドの地球ではワームが大量発生、ゼクトはマスクドライダーを開発するが、ゼクトとネオゼクトに分裂。人間同士で激しい戦いを繰り広げていた。
天道はネオゼクトに味方する。しかし、実はそれは「内部から破壊するためだ」と言うのだが……?

基本的には面白かったですよ。不満があるとしたら、それはもう平成ライダーシリーズ全体への不満だから、こんなところに書いてもぜったい治らないと思うんだよね。いちおう書くけど。
(以下、ネタバレあり)

続きを読む "【映画】・「仮面ライダーカブト劇場版 GOD SPEED LOVE」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本棚巡礼

第十二棚 私は、アンコウのオスになりたい 〜鶴岡法斎(作家・漫画原作者)編〜永田王の本棚巡礼
何か雑学知識に基づくホラ話を聞いているうちに、深遠なものに到達しあれよあれよと納得させられてしまう感じですね。面白いです。
そんな鶴岡さんのトークライブは、明日なのです。

8月30日(水)「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol8」

場所:ネイキッドロフト

(以下、HPより引用)
〜鬼才・荒木憲司の世界〜
「モーレツ怪獣大決戦」
「モーレツ怪獣電撃大決戦」(有料配信 ¥315)
「妄想少女」 [amazon]
など、唯一無二の映像作品を生み出す荒木憲司という人間の秘密に迫る!!

【出演】荒木憲司、鶴岡法斎、新田五郎
Open 18:30 / Start 19:00
¥1200 (+1drinkから)
(引用終わり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベント】鶴岡法斎のエログロハイセンスVol8

Heater

8月30日(水)「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol8」

場所:ネイキッドロフト

(以下、HPより引用)
〜鬼才・荒木憲司の世界〜
「モーレツ怪獣大決戦」
「モーレツ怪獣電撃大決戦」(有料配信 ¥315)
「妄想少女」 [amazon]
など、唯一無二の映像作品を生み出す荒木憲司という人間の秘密に迫る!!

【出演】荒木憲司、鶴岡法斎、新田五郎
Open 18:30 / Start 19:00
¥1200 (+1drinkから)
(引用終わり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】・「スーパーマン リターンズ」

公式ページ
製作:ギルバート・アドラー、ジョン・ピータース
監督:ブライアン・シンガー、脚本:マイケル・ドウアティ、ダン・ハリス

故郷のクリプトン星がまだあるとかないとかいった説を元に、それを探しに行ったスーパーマンが5年ぶりに帰還する。5年という月日、何も変わっていないようでいて、好きなロイスが別の男と結婚してしまい子供までつくっており、スーパーマンはいささか動揺したりする。

一方、とっつかまえたはずの悪人・レックス・ルーサーが脱獄。どでかい悪いことをたくらんでいた。

町山智浩氏の「ストリーム」におけるスーパーマン話があまりにも面白かったので観る。

続きを読む "【映画】・「スーパーマン リターンズ」"

| | トラックバック (1)

【雑記】文字が書ければエライのか

坂東なんとか子ネコ殺し問題。

「作家は人の価値観を転倒させるのが仕事なんだから、騒ぎすぎ。どうせいくら非難や罵倒があったって痛くもかゆくもない。むしろ、そういう騒ぎを受けてさらにイラッと来る文章を書いてくるくらいのことを考えているのでは」という意見を目にした。

私自身は作家の行動と作品を結びつけてどうこう言うのはよくないと思っている。
たとえば「ドラッグ漬けになって書いたドラッグ小説」だろうが、うまく表現されていなければどうしようもないし、
倫理的な作風の作家に日常生活においてあまりに厳しい倫理観を要求するのもどうかと思う。

しかし、上記のテキストで言われていることは2点。
・作家は治外法権
・シロウトが何を言ってもムダ
ということだろう。

続きを読む "【雑記】文字が書ければエライのか"

|

【イベント】コミティア77追加

8月27日(日)コミティア77
東京ビッグサイト東6ホール、WAIWAIスタジオ、ぬ18a

埼京震学舎さんの夏コミ新刊「大宗教学第27号」を、気楽院さんに来ていただければ委託販売する予定です!
連絡が遅れてしまってたいへんパニクっております私。

著者割引で購入した「と学会年鑑GREEN」[amazon]を、けっこう値引いて販売します。買い忘れていた人はウチで買うと何百円か得だよ。

Buttobimanga10_1
「ぶっとびマンガ大作戦Vol.10」、「ぶっとびマンガ大作戦Vol.4 復刻版」を頒布します。

・「ぶっとびマンガ大作戦Vol.10」
昨年刊行されたVol.9に引き続き、

小杉あやさん
しばたさん@OHP
スズキトモユさん
ヒライさん(赤兜)
V林田さん
渡辺僚一さん
といったそうそうたる方々の原稿を収録。

内容は、いつものように変わったマンガの紹介です。
たぶん300円。

Buttobimanga04
・「ぶっとびマンガ大作戦Vol.4 復刻版」
2000年5月にコピー誌として出したもののオフセ化。オフセットとしては今年5月発行です。
内容は、いつものように変わったマンガの紹介ですが、「性闘技マンガ特集」というセックスバトルのマンガ特集が載ってます。
300円。
「愛のトンデモ本」[amazon]で近いことを書かせてもらいましたが、この同人誌ではまた違った内容になってます。
「5年前からこんな本出してたのか」とあきれたい人は、ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ブログ】80年代の懐かし画像集

80年代の懐かし画像集 ■80年代後半〜90年代前半を回顧するブログ(←赤兜

80年代にひたりたい!と思っていたらこんなブログが。

ああ、こんなすばらしいところがあるなら、私のやることはもう何もないですわ。
モノは何も語らないけど、時にはすべてを語るね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベント】「面白漫画倶楽部」

Omoshiro_1
9月16日(土)
「面白漫画倶楽部」
12:00開場12:30開演(昼間です)
・場所:新宿ロフトプラスワン
・チャージ1000円+ワンドリンク以上
内容:世の中に存在する面白い漫画・表現の独特の漫画を、商業誌/同人誌、オタク/サブカルを問わずに紹介するイベントです。

出演:新田五郎(ふぬけ共和国)、ヒライ&スーパーログ(エレクチオンナウ)、江戸栖方(萌え萌え同人誌ナイト☆主催)、バッドガイナベ、かに三匹

#なんか名前がいちばん最初に来ちゃってますけど、私はゲストです。え〜と、かにさんとナベさんが主催ってことでいいんですかね?

mixiコミュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】・「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」

1973年、東映京都
監督:中島貞夫、脚本:金子武郎

女が欲しくて欲しくて仕方がないが、声をかけても笑われるだけの根暗青年(荒木一郎)は、今日もアパートの一室でヤリまくっている男女を憎み続けながら爆弾づくりに励む。
ある日、美しいスウェーデン娘(クリスチナ・リンドバーグ)が自分の車に間違えて乗り込んできたことから始まる、恐くて哀しくて滑稽な密室劇。

ラピュタ阿佐ヶ谷でのレイトショー上映最終日、ゲストに来た荒木一郎本人についての感想などを交えて。

続きを読む "【映画】・「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【アニメ映画】・「時をかける少女」

公式ページ

監督:細田守、脚本:奥寺佐渡子

紺野真琴は、元気いっぱい女子高生。男友達の千昭・功介と放課後に野球をするくらいが楽しみの、平凡な女の子である。
ある日、彼女は時間を超越できるタイム・リープ能力を手に入れた。「食べ損なったプリンを食べるために過去に戻る」などの、ささいなことにその能力を使っていた真琴は、自分の能力が他人に影響を与えるなんて思ってもいなかった。
しかし事態は思わぬ方向へ……。
(以下、ネタバレあり)

続きを読む "【アニメ映画】・「時をかける少女」"

| | トラックバック (0)

【イベント】コミティア77

Buttobimanga10_1
8月27日(日)コミティア77
東京ビッグサイト東6ホール、WAIWAIスタジオ、ぬ18a
「ぶっとびマンガ大作戦Vol.10」、「ぶっとびマンガ大作戦Vol.4 復刻版」を頒布します。

・「ぶっとびマンガ大作戦Vol.10」
昨年刊行されたVol.9に引き続き、

小杉あやさん
しばたさん@OHP
スズキトモユさん
ヒライさん(赤兜)
V林田さん
渡辺僚一さん
といったそうそうたる方々の原稿を収録。

内容は、いつものように変わったマンガの紹介です。
たぶん300円。

Buttobimanga04
・「ぶっとびマンガ大作戦Vol.4 復刻版」
2000年5月にコピー誌として出したもののオフセ化。オフセットとしては今年5月発行です。
内容は、いつものように変わったマンガの紹介ですが、「性闘技マンガ特集」というセックスバトルのマンガ特集が載ってます。
300円。
「愛のトンデモ本」[amazon]で近いことを書かせてもらいましたが、この同人誌ではまた違った内容になってます。
「5年前からこんな本出してたのか」とあきれたい人は、ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【雑記】「義憤」の行方

皮膚病患者を「ミイラ」と中傷 SNSに書き込むYellow Tear Drops 2006/08/20(日曜日)
(以下、Yellow Tear Drops より引用、改行位置変更しました)
>>やったことはモラルに反するだろうが、本名・顔写真・大学名を晒して、学校やアルバイト先に
>>電話するってのは暴力的で異常だな。悪者だと判断した相手を徹底的に吊るし上げるってのは、
>>この手の連中が忌み嫌ってるマスゴミの手法だろに。
(引用終わり)

肝心のまとめサイトが消えてしまっているようでよくわからない部分もあるが、要するにだれか「皮膚病患者を中傷」した人を、そういうかたちで断罪した人がいたのだろう。
私も、引用元の意見に賛成。
(当然、中傷した人もひどいと思う。)

だが、最近は本当に「義憤」の持って行き場がないことは確か。

続きを読む "【雑記】「義憤」の行方"

| | トラックバック (0)

【アニメ映画】・「桃太郎 海の神兵」

監督:瀬尾光世、1945年
太平洋戦争末期に製作された日本初の長編アニメ。
一時田舎に帰ってきた兵隊の犬、サル、キジ。動物の子供たち相手に武勇伝などを語って聞かせてくつろぐが、実はそれは鬼ヶ島侵攻最終作戦の直前であった。

続きを読む "【アニメ映画】・「桃太郎 海の神兵」"

| | トラックバック (0)

【アニメ映画】・「NEWハル&ボンス」

公式ページ

ハル&ボンス[amazon]

監督・原作・脚本:石井克人
2001年に発行されたDVDマガジン「Grashoppa!」に連載されていたCGアニメの新作だそう。
ビールを飲みながら日々ダラダラするしゃべる犬コンビ、ハルとボンスのところにインタビュアーのしゃべるモチ「モチ君」が居候するところから起こる騒動。
(以下は少々辛口な感想でございます)

続きを読む "【アニメ映画】・「NEWハル&ボンス」"

|

【アニメ映画】・「ブレイブストーリー」

公式ページ

監督:千明孝一
両親が離婚し、父が離れていき、母が病気で倒れた。そんな状況の中、少年は西欧ファンタジー風の世界に赴き、何でも願いをかなえてくれるという冒険の旅に出る。

続きを読む "【アニメ映画】・「ブレイブストーリー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベント】まだあるコミケ販売物

Buttobi04
8月13日(日)コミックマーケット70、WAIWAIスタジオ、西、ま13a

おっとこれの宣伝を忘れてた!!
「ぶっとびマンガ大作戦Vol.4 復刻版」
2000年5月にコピー誌として出したもののオフセ化。オフセットとしては今年5月発行です。
内容は、いつものように変わったマンガの紹介ですが、「性闘技マンガ特集」というセックスバトルのマンガ特集が載ってます。
300円。
「愛のトンデモ本」[amazon]で近いことを書かせてもらいましたが、この同人誌ではまた違った内容になってます。
「5年前からこんな本出してたのか」とあきれたい人は、ぜひどうぞ。

Buttobi04ura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アニメ映画】ゲド戦記

公式ページ
どっかのファンタジー的世界。王の息子が父殺しをやって逃走。魔法使いのゲドは、彼と旅をすることになる。
ゲドの旅の目的は、世界の均衡がなぜ崩れつつあるのかを調べることだった。

続きを読む "【アニメ映画】ゲド戦記"

|

【コミケ】子連れ問題〜パワパフイベントがあるそうで……

緊急告知ページ  夏コミ3日目に参加される方は要注意!!Terrestrial Garden

夏休みにパワパフZのイベントがコミケ会場内で企画されていますが  コミックマーケット(コミケ)は子供向けのイベント会場ではありません  父兄同伴であっても、子供が参加するのは危険過ぎます『コミケに子連れお断り同盟』

マイミクさんから得た情報。
私はそんなにヘビー参加者ではありませんが、それにしてもコミケに参加するというのは「冒険」に近い。
子供は極力連れて行かない方が無難でしょう。
私自身は「加害者」になってしまうことを恐れます。気を付けねば。
(もちろん自分が被害者になることもね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】奇跡の職人技 素晴らしき特撮世界

奇跡の職人技 素晴らしき特撮世界ラピュタ阿佐ヶ谷

【上映日程】
8月27日(日)〜8月29日(火)
1:00/7:30『透明人間現わる』
2:50『潜水艦イ-57降伏せず』
5:00『夜叉ヶ池』

8月30日(水)〜9月2日(土)
1:00『潜水艦イ-57降伏せず』
3:10『夜叉ヶ池』
5:40『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』
7:20『宇宙大怪獣 ドゴラ』

9月3日(日)〜9月5日(火)
1:00『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』
2:50『宇宙大怪獣 ドゴラ』
4:40『日蓮と蒙古大襲来』
7:30『怪談本所七不思議』

9月6日(水)〜9月9日(土)
1:00『日蓮と蒙古大襲来』
3:40『怪談本所七不思議』
5:00『孫悟空』
7:10『空の大怪獣 ラドン』

9月10日(日)〜9月12日(火)
1:00『孫悟空』
3:00『空の大怪獣 ラドン』
4:50『風速七十五米』
6:50『クレージーの怪盗ジバゴ』

9月13日(水)〜9月16日(土)
1:00『風速七十五米』
3:10『クレージーの怪盗ジバゴ』
5:30『怪談』

9月17日(日)〜9月19日(火)
1:10『怪談』
4:30『鯨神』
6:50『大魔神』

9月20日(水)〜9月23日(土)
1:00『鯨神』
3:00『大魔神』
5:00『ゴジラ』
7:00『鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)怪星人の魔城/地球滅亡寸前』

9月24日(日)、26日(火)
※25日(月)は全館メンテナンスのため休館いたします。
1:00『ゴジラ』
3:00『鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)怪星人の魔城/地球滅亡寸前』
5:00『大盗賊』
7:00『吸血鬼ゴケミドロ』

9月27日(水)〜9月30日(土)
1:00『大盗賊』
3:00『吸血鬼ゴケミドロ』
5:00『宇宙人東京に現わる』
7:00『地球防衛軍』

10月1日(日)〜10月3日(火)
1:00『宇宙人東京に現わる』
3:00『地球防衛軍』
5:00『大巨獣ガッパ』
7:00『妖怪百物語』

10月4日(水)〜10月7日(土)
1:00/6:50『世界大戦争』
3:10『大巨獣ガッパ』
5:00『妖怪百物語』

「渋いのが多い」っていう印象ですね。知らないのばっかり。怪獣を意図的にちょっとはずしてる、ってことなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベント】コミケで「と学会誌」を委託販売します

Toggatkaisi17

8月13日(日)西ま13a、当サークル「WAIWAIスタジオ」において、新刊「と学会誌17」を委託販売します。
西ほ10a「と学会」で購入する前に目についたら買っちゃおう、あるいはそっちで買い忘れた、という方はウチで買えます。
また、以下のスペースでも購入できます。

東ヨ39b 「埼京震学舎」
西ほ30b 「カラオケの艦隊」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】石井輝男監督一周忌オールナイト 8/12、8/19、8/26

『異常性愛ハレンチ<ニュープリント>』公開記念 石井輝男監督一周忌オールナイト 3週連続開催決定!!テアトル新宿

ウチは別にニュースサイトじゃないし、またそうなることも私の力不足でできないのですが、夏休みが始まったこともあって漠然と巡回していてもいろいろな(当サイトの主旨に近い)イベントが目についてきます。
それにしても、なんか最近石井輝男の映画ばかりやっている気がする……一周忌ということはあるにせよ。

「徳川〜」と名の付くシリーズはどれを観ていてどれを観ていないか、もう忘れてしまいました。ただ石井輝男の場合、猟奇もので大ハズレってのは無いと思いますたぶん。
『徳川いれずみ師・責め地獄』、『恐怖奇形人間』、『直撃地獄拳 大逆転』などは私などがオススメしなくてももはやカルト映画の定番と化していますね。
『ポルノ時代劇 忘八武士道』は小池一夫原作で丹波哲郎主演だから、小池ファンも観るべき。

「映画秘宝」にかぶれちゃった男の子も、シゲキ的なシゲキXな映画が観たいと思っているサブカル好きの女の子も、夏休みにはみんなで石井輝男の映画を観に行こう。
たぶんオールナイトでもテアトル新宿あたりなら安全だと思いますし。石井輝男ファンで本人が狂ってるという人もあまりいないと思いますので(当然と言えば当然か)。

(以下、リンク先より引用)
【第一夜】8/12(土)24:00〜
上映作品:『徳川女系図』
     『徳川女刑罰史』
     『徳川いれずみ師・責め地獄』
☆ゲストをお迎えしてのトークショーあり
 登壇ゲスト:山田広野さん(活弁映画監督)
       本田隆一さん(映画監督)
       杉作J太朗さん(映画監督)

【第二夜】8/19(土)24:00〜
上映作品:『残酷・異常・虐待物語 元禄女系』
     『明治・大正・昭和猟奇女犯罪史』
     『やくざ刑罰史 私(リンチ)刑』
     『ポルノ時代劇 忘八武士道』

【第三夜】8/26(土)24:00〜
上映作品:『恐怖奇形人間』
     『直撃地獄拳 大逆転』
     『網走番外地』 
     『網走番外地 望郷篇』

→詳細はイベント欄をご覧ください
(引用終わり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベント】コミケ新刊について

Buttobimanga10
8月13日(日)コミックマーケット70、WAIWAIスタジオ、西、ま13a

新刊「ぶっとびマンガ大作戦Vol.10」予定。
昨年刊行されたVol.9に引き続き、

小杉あやさん
しばたさん@OHP
スズキトモユさん
ヒライさん(赤兜)
V林田さん
渡辺僚一さん
といったそうそうたる方々の原稿を収録。

内容は、いつものように変わったマンガの紹介です。
たぶん300円。

それにしても、手元にまだ無い本について宣伝しまくるのはいつまで経っても慣れませんなあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

【イベント】コミケで「ねぎ姉さん」委託販売します

Neg_a
8月13日(日)コミックマーケット70、WAIWAIスタジオ、西、ま13a

ついにあのねぎ姉さんが1冊に!
誌名「ねぎ姉さん001-470」
B5、242ページ
1冊1500円。

ねぎ姉さん1話から470話まで(番外2話含む)を1ページあたり2話ずつ、すべて収録!

コミケ当日、WAIWAIスタジオで昼過ぎから委託頒布予定(昼頃から本がコミケに届く予定のため)。
Neg_c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「皆さんの記事の書き方を知りたいな」

島国大和のド畜生さん経由で皆さんの記事の書き方を知りたいな最終防衛ライン2)。

続きを読む "「皆さんの記事の書き方を知りたいな」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実験

Img20060731053715

(「狼少年ケン」の節で)
わーおわーおわーおー
ドドンガドンガ ドンガボボガン
ボガンボ ガンボ ボンバボン

いつーもぼくらは 金なしー
拾ったトマトを 食べたー

拾ったトマトは うまーいー
思わず 吠えたよー

キジがよ
(ケーン)

鳴いたよ
(ケーン)

なかずば
撃たれまいにー

キジがよ
(ケーン)

鳴いたよ
(ケーン)

ゴーヤー 植えたよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »