« 本棚巡礼 | トップページ | 【映画】・「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」 »

【映画】・「仮面ライダーカブト劇場版 GOD SPEED LOVE」

公式ページ
監督:石田秀範、脚本:米村正二

パラレルワールドの地球ではワームが大量発生、ゼクトはマスクドライダーを開発するが、ゼクトとネオゼクトに分裂。人間同士で激しい戦いを繰り広げていた。
天道はネオゼクトに味方する。しかし、実はそれは「内部から破壊するためだ」と言うのだが……?

基本的には面白かったですよ。不満があるとしたら、それはもう平成ライダーシリーズ全体への不満だから、こんなところに書いてもぜったい治らないと思うんだよね。いちおう書くけど。
(以下、ネタバレあり)

プロットの説明不足や心理描写不足などを指摘するブログを読んで、確かになるほどと思ったんだけど、勢いさえあればそんなことって気づかないはずなんだよね。実際同時上映の「ボウケンジャー」はそういう勢い任せの映画だったわけだし。
問題があるとすれば、平成ライダーシリーズの根本的なスタンスが原因だと思う。

それは、何度かネットのあちこちに書いているけど「何が正義か」っていう軸がブレているから。
あるいは(これは複数のライダーを登場させなければならないという事情が影響しているのかもしれないが)「主人公がヒーローとして特別な存在ではない」という点にある。

たとえばゼクトとネオゼクトの中間に立って行動する天道の心理がわからない、という指摘を見たけど、それは脚本とか演出でどうのこうのというより、「天道総司」っていう男が物語の特別な中心として位置していないから。
本作のいちばん大きなダメ部分は、なぜ天道が他のゼクトやネオゼクトの面々を差し置いて、ゼクト上層部の秘密を暴けたか、を説明しなかったことにあると思う。
それは、何か特別な情報ルートがあるとでも、正義の心が他のやつらより強かったから気づいたとでも、あるいはゼクトに決定的な不信感を抱かせる何かをたまたま天道が経験していた、でもいい。
それは何とでも描ける。

でもそれをしなかったのは、そもそも本作や平成ライダーシリーズが、言葉本来の意味でのヒーローもののように、主人公を物語内で特別扱いしない、ということが根本的な理由ではないかと思う。

同じ流れで言うと、なぜ「ネオゼクト」という存在が生まれたのかの説明がないのが決定的にマズいのは言うまでもないんだけど、「何がヒーローか」の逆で「何が悪か」もきっちりしていないからそういうことになるのだと思う。
ゼクトが分裂してしまったのは、ワームを抑えられないからなのか、世の混乱を抑えられないからなのか、あるいは手段が強引だからなのか。こういう問題は、「悪」を便宜上ではあれ、規定しようという発想があればぜったいはずせないもののはずである。

一方で、ひよりのエピソードには充分な時間を割いているから(まあひよりパートの天道も説明不足なんだけどね)、これはやはり「正義」とか「悪」を決めつけたくなくて決めつけたくなくてしょうがない人のつくったものだよなあ、という感じがすごいするんですよね。

まあ私は本編は3話で挫折してしまったから整合性に関してはわからないんだけど、本作だけで完結するということであれば基本プロットは面白いと思うんですけどね。
私は平成ライダーの劇場版としては、そんなにものすごいひどいとかは思わないですよ。

|

« 本棚巡礼 | トップページ | 【映画】・「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」 »

映画」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/11683603

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】・「仮面ライダーカブト劇場版 GOD SPEED LOVE」:

« 本棚巡礼 | トップページ | 【映画】・「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」 »