« デスノート最終回(ネタバレあり) | トップページ | 【小説】・「翔ぶが如く」  司馬遼太郎 »

・「喰いしん坊!」(7) 土山しげる(2006、日本文芸社)

Kuisinbou07

[amazon]

週刊漫画ゴラク連載。
大食い修行中の満太郎は、大食いすぎて寺から托鉢修行を命ぜられた僧・空念に追いかけ回される。
それでいろいろあって駅弁大食い、Mr.オクレそっくりの男とステーキ勝負などを繰り広げる。

BUBKA6月号に、作者・土山しげる先生のインタビューが載っています。これを読むと、やはり土山先生は精緻にコトを進めるエンターテイナーだということがわかります。
もう一方で、「弁当食べながらマンガ読む人のために気晴らしを提供することを考えている」、「自分のマンガを読む人と同じところに立っていなきゃダメだと思うので松屋とかにもよく行く」という発言からも、その作風が理解できるところでしょうね。

BUBKAは、確か月初めに出るので今から入手するのはむずかしいと思いますが大きめのエロ本・エロDVD専門店で、なおかつ「実話ナックルズ」のたぐいの雑誌がいっぱい売っているところには、まだ売っています。

6巻の感想

人気blogランキングへ

|

« デスノート最終回(ネタバレあり) | トップページ | 【小説】・「翔ぶが如く」  司馬遼太郎 »

マンガ単行本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/10108631

この記事へのトラックバック一覧です: ・「喰いしん坊!」(7) 土山しげる(2006、日本文芸社):

» [マンガ] 「美味しんぼ」の原作者・雁屋哲は現在オーストラリア在住 [昨日の風はどんなのだっけ?]
雁屋哲 - Wikipedia あーそりゃ最近の『美味しんぼ』が嫌味に聞こえるわ、日本の食文化や食品の安全性について、そんな逃げ出した人が言っても説得力ないですよ。皆さんは『美味しんぼ』はどのあたりまでが面白かったですか?(笑) 僕は東西新聞の究極のメニューチームが四... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 23時38分

« デスノート最終回(ネタバレあり) | トップページ | 【小説】・「翔ぶが如く」  司馬遼太郎 »