« ・「妄想戦士ヤマモト」(4) 小野寺浩二(2005、少年画報社) | トップページ | 雪国もやし »

・「妄想戦士ヤマモト」(5)(完結) 小野寺浩二(2006、少年画報社)

Mousou05_1

[amazon]

オールマイティ萌え戦士ヤマモト、めがねっ娘教団の南雲、フィギュアおたくの渡辺。
そして普通人の松下、普通人なのに外見や立ち居振る舞いが萌え〜だから引っ張り回されるめがね美少女・高橋さん、ヤマモトラブラブで必死に萌えを理解しようとするが常にズレている桜子ちゃん、などなどがむちゃくちゃなことをするギャグマンガの、完結編。

まあだいたいこういうマンガで展開されていることというのは、オタクのヨタ話で話題になることばかりである。ということはそれらを凌駕するほど面白い展開にしなければならないのだが、それを見事に最後まで達成しきった。
単行本あとがきに「最終回はみんなが部屋でうだうだしているだけで終わりにしようと思った」みたいなことが書いてあったが、作者もそういうヨタ話で本作ができあがっていることに自覚的なのだろう。

この巻では萌えを理解しようとして常にトンチンカンな行動を取ってしまう桜子が、個人的には非常に秀逸だと思った。
面白いのはまったくトンチンカンなことをしているのに、それが一周回って「萌え」になっていることである。本作では「狙いすまして萌え的行動を取られるとかえって萌えない」という意見があるが、桜子まで徹底されるとかえってかわいく見えてくるのである(作中では邪険に扱われるのだが)。

「萌え」とはまさしく「北風と太陽」みたいなことなんだろう(笑)。

「激闘!萌えしりとり竜王戦」はテレビ番組「虎ノ門」でときおりやる「しりとり竜王戦」のパロディだが、その完成度はあまりに高い。すばらしいです。

さらに、オールマイティに萌えるはずのヤマモトには中学生の妹がいるため、「妹萌えだけはわからない」という設定には爆笑。
まあ実際には平気で「別腹」だと言いきる人が実際にいそうだが、とにかく全編とおして笑わせてもらった。

ところで、作者はたぶんカミングアウトしていると思うけど背のちっちゃい子が好きみたいですね。

ちなみにオビに推薦文を書いているのはめがねっ娘声優の門脇舞

4巻の感想

人気blogランキングへ

|

« ・「妄想戦士ヤマモト」(4) 小野寺浩二(2005、少年画報社) | トップページ | 雪国もやし »

ギャグマンガ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/10016038

この記事へのトラックバック一覧です: ・「妄想戦士ヤマモト」(5)(完結) 小野寺浩二(2006、少年画報社):

« ・「妄想戦士ヤマモト」(4) 小野寺浩二(2005、少年画報社) | トップページ | 雪国もやし »