« 【映画】温泉みみず芸者 | トップページ | 【イベント】トンデモ本大賞2006 »

【映画】Mr.ジレンマン 色情狂い

Zirenman_2

[amazon]

1979年、にっかつ
監督:小沼勝、脚本:新井晴彦

小学生の頃、親の買ってきた週刊誌でこの映画の広告を盗み見た。
成人映画だが、変身ヒーローものらしい。
ヒーローを小馬鹿にしたものだけはなってほしくないと思ったが、その内容はわからず(当然、自分が小学生だから)。

で、オトナになった今、見た。
すばらしいヒーローものでした(まあ正確に言うと「ヒーロー」ではないかな?)。

柄本明扮するサラリーマンは、奥さんからも子供からも、会社に行けば上司からもバカにされるダメ男。
スーパーマンに憧れた柄本明は、さまざまなプレッシャーのせいかブチ切れて仮面のヒーロー「ジレンマン」に変身。
浮気している上司(高田純次)や、女子社員に手を出そうとする社長(名前忘れたけど東京乾電池のヒゲの人)に、お仕置きを食らわせる。

ジレンマンをやっつけようと思った社長や上司たちは、対策を立てる。
社員のベンガルにはジレンマンの正体を探るため、捜査を開始させる。
ベンガルは、柄本明が外の女子トイレに隠していたジレンマンの仮面を発見。それをかぶったベンガルは、なぜかジレンマンになってしまう!!

ベンガルの変身したジレンマンが敵に回ったことで、柄本明の本当の戦いが始まるという、ドタバタコメディながらもしかして深い展開かもしれない。
観客は日常に疲れた男たち、という点を踏まえてか、ラストもハッピーエンド。実に爽やかで感動した(最近、コメディですぐ感動してしまう)。

特筆すべきは、高田純次。
本作は高田純次の天才性をあますところなく表現。
「ジレンマン対策」でいろいろ話し合うシーンで、だれかがゴキブリホイホイを持ってきて
「これでつかまえるってのはどうでしょう?」
「でも、何を餌にする?」
「やつの好物をこの中に入れよう」
「やつの好物って何だ?」

そうすると高田純次は、
「私はわかってるよ。『好物』っていうのは、『好きなもの』っていう意味なんだ」
と、自信満々に言う。全然意味ない!! すばらしい。

ベンガルジレンマンと柄本明の対決が、部屋の中から何の説明もなく外に移動、運動会みたいになってしまったり巌流島の決闘風になったり……というのは、ひょうきん族より早い。

そういえば初代ブラックデビルが高田純次だったというのはこの映画と……とくに関係ないか。

あ、ギャグ指導が岩松了なんだよな〜。

しかもDVD出てるんだよな、驚いた。
DVDが出る出ないの基準は、スタッフや出演者が現在でも活躍しているとか有名だとか、そういうことなんだろうな。

|

« 【映画】温泉みみず芸者 | トップページ | 【イベント】トンデモ本大賞2006 »

映画」カテゴリの記事

70年代」カテゴリの記事

コメント

芸能人の腕時計.com また、カトリック教会聖職者のマキシミリアノ・コルベは、日本で布教活動を行い「けがれなき聖母の騎士会」を日本に導入した。
また、ザモイスキは自分の領地においては農奴制を禁止し、全ての住民に基礎教育を施し、それぞれの住民の立場に応じて何らかの形で地方政治に参加させた非常に開明的な領主でもあった。
立法府として、セイムは日本の衆議院に相当し、上院より優先される。
当時ヨーロッパにおいて大きな国家の一つであったリトアニア大公国は自国を防衛する必要に迫られた。
当店&Bでも1点のみの入荷となっております。
を採用したり、ダイアルをスケルトンにするなど、機能性一筋だったベル&ロスに挑戦や遊び心を加えたシリーズとなりました。
1772年に第一次ポーランド分割が行われた後、スタニスワフ2世王と支持者は、ポーランド=リトアニア連合王国の衰退を止めようと国内の大改革を断行しようとした。
この憲法によって王権の世襲制(選挙王政ではあるが以前のように個人選出ではなく王家の一家を選出する)とともに立憲君主制が成立し、それまで名目的には緩やかな連邦制をとっていて行政が非効率だったポーランド=リトアニア共和国は名実ともに単一国家となった。
モスクワ市内の占領軍は孤立し、籠城の末に玉砕し大公国にいた残りのポーランド軍は1612年までに撤退した。
この2つの要素は支配者たる外国人のポーランド人への政治的敵意(独立運動のため)と民族的嫉妬(ポーランド人たちが自分たちを追い越して社会に適応するため)を掻き立て、非常に陰湿な「反ポーランド主義の運動」を形成するに至った。
彼の同調者は「ザモイスキたち(ザモイチュチ)」と呼ばれ、緩やかな政治グループを形成しており、彼を先生・師匠と思い慕っていた。

正規品と同等品質のコピー品 https://www.yuku006.com/ProductDetail.aspx?Id=201909221125214596

投稿: 正規品と同等品質のコピー品 | 2020年6月 6日 (土) 04時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】Mr.ジレンマン 色情狂い:

« 【映画】温泉みみず芸者 | トップページ | 【イベント】トンデモ本大賞2006 »