« 【映画】女番長ゲリラ | トップページ | 【イベント告知】・『日本トンデモ本大賞2006開催記念 トンデモ本大賞前夜祭』 »

【映画】女番長(「女番長ゲリラ」とはまた別の映画です)

THE 女番長(スケバン)全開ガールズパワーラピュタ阿佐ヶ谷

1973年、東映京都
監督・脚本:鈴木則文、脚本:皆川隆之、大原清秀
出演:杉本美樹、池玲子、荒木一郎、宮内洋

少年院送りの護送車から脱出した女番長・関東小政(杉本美樹)は、他の連中をたばねて「ジプシー団」を結成、京都で番を切ろうとするが……。

毎回パターンは決まっていて、関東モンのヒロインが京都で他のスケバンのシマを荒らしケンカ。その次には手荒いペテンなどで大金を稼ぐが、地元のやくざに根こそぎ取り上げられてしまう。
不満がうずまくヒロインたちは、地元やくざとさまざまな因縁から対立し、クライマックスではやつらを叩きつぶすことを決意する……というところは、今まで見たのと同じ。

しかし、同じでもいいんだよなァ。とくに地元やくざにコキ使われ、恋人の摩耶(池玲子)まで売ったあげくに虫けらのように殺される宮内洋の最後の見せ場よ!!  もう男泣きだよ。
そして、そのシリアス描写の後、戦い終えて去ってゆくスケバンたちの趣向の面白さ。元ネタがあるかどうかはわからないけど、異様にさわやかで見ていてすごくスカッとした。

そして印象的な脇役が、ブルーフィルムを撮っているうさんくさい若者(たぶん荒木一郎)。この頃の荒木一郎のチャラさにも感動。
マジメすぎて破滅していく宮内洋との対比として描かれていると思うんだけど、もうたまらないですよ。

池玲子も、あいかわらず激エロだったしね。
大原清秀は私にとっては「じゃあまん探偵団魔隣組」などで、浦沢義雄と双璧にいい意味でバカバカしい脚本を書いていた人、ですね。

人気blogランキングへ

|

« 【映画】女番長ゲリラ | トップページ | 【イベント告知】・『日本トンデモ本大賞2006開催記念 トンデモ本大賞前夜祭』 »

70年代」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/9418890

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】女番長(「女番長ゲリラ」とはまた別の映画です):

« 【映画】女番長ゲリラ | トップページ | 【イベント告知】・『日本トンデモ本大賞2006開催記念 トンデモ本大賞前夜祭』 »