« ・「週刊少年チャンピオン」12号(2006、秋田書店) | トップページ | どこまで言葉を届かせるか »

【映画】ゴキブリ刑事

1973年、石原プロ=東宝
監督:小谷承靖、脚本:剣持亘、原作:新岡勲
出演:渡哲也、地井武男、加賀まりこ、大門正明

暴力団を「ゴキブリ」と呼び、その犯罪の追及には容赦がないバイオレンス刑事・鳴神の活躍を描く。
明確に1971年の「ダーティハリー」の影響下にある作品。
プロット自体が似てるんだよな。

しかし意外に展開は複雑で、警察内部に黒幕がいるっぽい描写があったが、最後まで見たけどよくわからなかった……。

ブルドーザーを何台も使ったアクションシーンは、意外と言っては何だが派手で、いい意味で裏切られた。
「西部警察」の第一話なんかは、この辺のアイディアと関係があるのかもしれない。

「ミスター・タレサン」(私が勝手に命名)渡哲也のカッコよさは格別。
冒頭、朝起きた鳴神(渡哲也)が、水にインスタントコーヒーをブッ込んでがぶ飲みするところなんかはもう、シビれるね。
さらに、今のオヤジキャラからは想像もつかない、骨太だがどこかにインテリ的な線の細さを残している地井武男がいい。
また、かつて鳴神にやくざの夫を殺され、恨みが愛情に変わった加賀まりこのキャラクターも、これまた70年代節が横溢していてたまらない。

|

« ・「週刊少年チャンピオン」12号(2006、秋田書店) | トップページ | どこまで言葉を届かせるか »

70年代」カテゴリの記事

ビデオ」カテゴリの記事

マンガ」カテゴリの記事

旧作」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/8756888

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ゴキブリ刑事:

« ・「週刊少年チャンピオン」12号(2006、秋田書店) | トップページ | どこまで言葉を届かせるか »