« 相武紗季で「Happy!」ドラマ化 | トップページ | 作曲家・伊福部昭さんが死去 »

故藤子・F・不二雄さんの記念館が川崎に誕生へ

雑記帳:故藤子・F・不二雄さんの記念館が川崎に誕生へ
(以下、引用)
◇人気アニメ「ドラえもん」の作者、故藤子・F・不二雄さん(本名・藤本弘)が生前に描いた原画などを紹介する記念館が川崎市多摩区の生田緑地に誕生する。
(引用終わり)

藤子・F・不二雄こそ真の天才にして真のメジャー作家の一人。

子供マンガとその作家は、その評価のされ方が面白い。
だれでもが子供時代の思い出として持っているが、普通の人ならふと気づくと、全体像はまるで知らなかったりする。
大人になってもその作家の全体像を追い続け、把握する人を「オタク」という。

でも普通の人は、普通に「卒業」していく。
だから全作品を知っているとか、そういうことはない。
もしかしたら、真のメジャー作家とは「全貌を把握されてはいないがだれもが知っている」ような存在かもしれん。
司馬遼太郎とかね。

記念館に関しては、おそらくそんなにものすごいものができるとはとうてい思えないが、かわいいグッズとかが売ってたら欲しいです。
みんなが子供の頃の漠然とした記憶を呼び覚まされるようなところになったらいいですな。

ところで、藤子・F・不二雄の記憶が漠然としているのにはもうひとつ理由がある。
旧作が手に入らない。
とくにおばQ。
藤子不二雄ランドさえ、Aのみの復刊だったしねえ。

|

« 相武紗季で「Happy!」ドラマ化 | トップページ | 作曲家・伊福部昭さんが死去 »

マンガにまつわる雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/8575325

この記事へのトラックバック一覧です: 故藤子・F・不二雄さんの記念館が川崎に誕生へ:

« 相武紗季で「Happy!」ドラマ化 | トップページ | 作曲家・伊福部昭さんが死去 »