« 【映画】男たちの大和/YAMATO(2005、日本) | トップページ | 【映画】レジェンド・オブ・ゾロ(2005、米) »

【映画】エリ・エリ・レマ・サバクタニ(2006、日本)

監督:青山真治
感染した人々は次々と自殺してしまうという「レミング病」という奇病が蔓延している。
その症状をおさえるのは二人の男がつくるノイズ・ミュージックしかなかった。
大金持ちのじいさんが、孫娘の宮崎あおいを助けるために、二人の男に演奏を依頼する。

これは見た私が悪かった。すいません。私が見るべき映画じゃなかった。
第一に、「自殺をうながす奇病」という設定は面白いが、なぜそれが「ノイズを聞くと抑えられるのか」がサッパリわからない。
第二に、「自殺する人間の切実さ」がまったく伝わってこない。除菌されたようなロケーションは計算されたものだろうが、なんかどうも「エアコンのきいた部屋であれこれ思考ゲームを繰り返している」ようにしか見えなかった。
「これはそういう意図のもとにつくられた映画です」と言われればそれまでだが。

ところで「ラズレズ」というマンガでも、出てくるDJが、ダンス・ミュージックの次に来るのはノイズだ、と言うところで終わる。「ノイズ」は、ミュージシャンにとっては「音楽」という体裁そのものを破壊する福音的なのものなのかもしれない。

それはわかる。それはわかるが、物語の中にノイズを配置するとき、物語自体がしっかりしていないとただの「わからない」ことの方便にすぎなくなってしまう。

「ラズレズ」では、だからこそ「ノイズが流行った世界」は確か描かれないまま、希望として残されたわけだし。

|

« 【映画】男たちの大和/YAMATO(2005、日本) | トップページ | 【映画】レジェンド・オブ・ゾロ(2005、米) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/8545216

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】エリ・エリ・レマ・サバクタニ(2006、日本):

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [ドリアンいいたい放題]
2週間ぶりに劇場にて鑑賞 一年間の中で心身ともきついのがこの1週間・・・・ 平均睡眠時間3時間以下の日々を何とか乗り越えた。。。 で、選んだ映画がこれ! 何でこれを選んだのかはよくわからない。。。。 きっと浅野忠信と宮崎あおいで選んでしまったんだ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 8日 (水) 21時05分

« 【映画】男たちの大和/YAMATO(2005、日本) | トップページ | 【映画】レジェンド・オブ・ゾロ(2005、米) »