« 中野の喫茶店「クラシック」、昨年閉店していた | トップページ | ・「ビッグコミックスピリッツ」11号(2006、小学館) »

・「ヤングサンデー」12号(2006、小学館)

すっかりマンガ雑誌から離れてしまっていたので、突発的に読もうと思って購入。

表紙&巻頭グラビアは山本梓。昨年度の同誌登場回数ナンバー1だそうである。

巻末は相澤仁美。

黒丸、夏原武「クロサギ」は、詐欺を懲らしめる詐欺師の話らしい。主婦にローンを組ませてトンヅラする化粧品訪問販売員を、後編でどうにかするらしい。

「クロサギ」っていっぺんも読んだことない。この前半部分はいいとして、「懲らしめ」をどうやるかで私の評価は決まる(私の評価が決まったところで、別に世の中どうもならんけど)。

浅野いにお「ソラニン」は、「素晴らしい世界」の、その後の連載としては自分の想像どおり。

「マンガ一般」としてのレベルは一定以上だが、テーマの掘り下げ方などに許し難いものが私の中にある。

それは本作の問題ではなく、私の問題かもしれない。

酒迎謙志「剛球バカ一代」が新連載。成績が悪くて推薦で大学に行けなかった野球バカの男が、どうやってプロになるか……みたいな話なのかな。

ダンカン、松浦聡彦「お笑いの神様」は、お笑い芸人を目指す若者の話だが……正直、ダンカンがこれを書くかー、と思ってしまった。いやマンガ自体面白ければいいんですけどね。この1話読んだだけじゃわかんないや。

|

« 中野の喫茶店「クラシック」、昨年閉店していた | トップページ | ・「ビッグコミックスピリッツ」11号(2006、小学館) »

マンガ雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・「ヤングサンデー」12号(2006、小学館):

« 中野の喫茶店「クラシック」、昨年閉店していた | トップページ | ・「ビッグコミックスピリッツ」11号(2006、小学館) »